ご相談窓口の内容について No.1

LINEで送る
LinkedIn にシェア

コーヒーエネマをなさっている皆さまにとって参考になれば幸いです。

ご相談窓口を開設して以来たくさんのメールを頂戴しております。
そのうちいくつかの内容について綴りたいと思いますが、医者が行う医療相談ではありませんのでお含みおきください。あくまでもコーヒーエネマをなさっている皆さまにとって参考になれば幸いです。

ご相談Case1


3年前からコーヒーエネマをしている34歳の主婦です。2人目を授かったことが分かり、現在コーヒーエネマを中断しています。いつくらいから再開して良いものなのかご存知でしたら教えてください。私は他社の製品を愛用していますが、その会社に問い合わせしましたら、担当の先生に相談してくださいと言われてしまい、先生に相談しましたら、コーヒーエネマをご存知なくコーヒーエネマそのものを止めるように言われてしまいました。

ご妊娠おめでとうございます。私は今日までたくさんの人たちにコーヒーエネマをお伝えしてまいりました。その中でご相談者様と全く同じ質問を何回も受けてまいりましたが、結論から申し上げますと直ぐにでも再開することをお勧めします。
コーヒーエネマの目的や効果につきましてはブログをお読みいただくこととして割愛させていただきますが、私が妊婦さんに強くお勧めする理由は単純明快です。
コーヒーエネマは単に母親のためだけではありません。生まれてくる赤ちゃんにとってもとてもメリットが大きいからです。赤ちゃんの食事は言うまでもなくお母さんのおっぱいです。そのおっぱいは白い血液といわれ、まさにお母さんの全身を流れる血液で作られます。当然お母さんの血液が汚れていたら良いおっぱいは作れませんよね。お母さんのおっぱいは、毛細血管から血液中のタンパク質や白血球や色々な栄養が乳腺に取り込まれて作られていきます。そのとき赤血球だけは取り込まれませんので母乳は赤くないのです。コーヒーエネマは消化管を通して行う血液透析の役割を果たすといわれるほか、タンパク代謝など肝臓の各種代謝機能を向上させてくれるわけですからやらない手はありませんよ。
過去に私がお勧めした妊婦さんが数名いらっしゃいます。皆さんしっかり元気な赤ちゃんを出産され大変喜んでくださいました。

30歳で初産だった方の場合・・・

妊娠3ヶ月目からエネマを始められました。結局帝王切開する当日の朝までエネマを欠かすことはありませんでした。体重も6キロしか増えませんでしたし、生まれてきた赤ちゃんの肌も中毒性紅斑などは見られませんでした。これはやはりエネマによってお母さんの血液がキレイだったからではないでしょうか。

27歳で初産だった方の場合・・・

エネマを始めて1年経った頃に妊娠したことが分かり、この方も中断することなく毎日エネマを継続されました。8ヶ月目に入った時に切迫早産の兆候が現れましたがやはりエネマは中断しませんでした。そして、彼女の出産は分娩台に上がって僅か15分で終わりました。出血量も通常に比べるとかなり少なく病院側が大変驚いたそうです。

ご相談者様もぜひ元気な赤ちゃんを産んでください。応援しています。





コーヒーエネマ HABIT

関連記事

ご相談窓口の内容について No.6【中編】

ご相談窓口の内容について No.4

ご相談窓口の内容について No.5【前編】

エネマキットのチューブに残った空気が大腸に入っていくのは大丈夫?

ご相談窓口の内容について No.6【後編】

ご相談窓口の内容について No.5【後編】

コーヒーエネマ HABIT