日本における腸内洗浄(コーヒーエネマ)の誕生秘話 パート⑤

コーヒーエネマが法律違反とは
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コーヒーエネマが法律違反!?

医師法違反による男性の逮捕事件以来、私がお伝えした人の中には『腸内洗浄(コーヒーエネマ)をすること自体が法律違反なのかしら?』と、あり得ない解釈からエネマを止めてしまった方がいらっしゃいます。その一方で『多少のイメージダウンは否めませんが、これで少しは腸内洗浄(コーヒーエネマ)の知名度も上がり、きちんとした知的回答を以てお話すればきっと今以上に腸内洗浄(コーヒーエネマ)の輪が世の中に広がっていくはずよ!』と前向きに捉えた方もいらっしゃいました。私はそういった周りの反応を目の当たりにしてあらためて思いました。良い悪いはともかく、人の人生はその人の考え方以上でも考え方以下でもなく、まさにその人の考えた通りに導かれていくものなのかも知れないと。

ドクターコーヒーという新たな粉末タイプのコーヒーエネマ

ある日、エネマ仲間の友人から『ねぇあなた知ってる?1年くらい前からインターネットでコーヒーエネマを販売し始めた新しい会社のこと・・・。』と言われて早速調べてみますと、新宿にある株式会社オンリースタイルという会社が『ドクターコーヒー』という新たな粉末タイプのコーヒーエネマを発売していたことがわかりました。新しもの好きな私は直ぐに購入して試してみることにしました。商品が手元に届いた時の第一印象は『なんて軽くて持ち運びに便利なこと!』というものです。そしてその日の夜、実際にエネマを作ってみた時の印象は『えっ!なにこの薄い色は?まるでコーヒーが殆ど入っていないようだわ!これだとお湯でエネマすることと大差ないわね。』というのが正直なところです。その私の印象を裏付けた本がありました。3年前に出版された『腸内すっきり!コーヒーエネマ(医師:渡邉勇四郎監修)』という本です。この本の中ではA社B社C社としながらも、それぞれのコーヒーエネマのカフェイン量が載っています。私はこれまでに株式会社ディーセントワークの『カフェコロン』と株式会社ハウの『HQCCゲルソンコーヒーとセレブカフェ』を愛用してきましたので、実際にエネマを作った時の色を見ればどれがA社でどれがB社でどれがC社のデータなのかがよくわかります。正解は『ドクターコーヒー』がA社です。使用しているコーヒーの量はおおよそB社『カフェコロン』の半分、C社『セレブカフェ』の4分の1程度だったということです。ですからあの時の私の印象は意外と的を射たものと言えなくもありません。

カフェコロン・カフェトリニティ

また『カフェコロン・カフェトリニティ』は大腸の世界的権威Dr.シンヤが開発したコーヒーであり『HQCCゲルソンコーヒー・セレブカフェ』は、そのDr.シンヤとともに日本初のコーヒーエネマ『SBC』を日本中に広めた株式会社ハウの上野社長が手掛けた商品ですのである意味バックグランドは明快です。では『ドクターコーヒー』は一体誰がどのような背景を以て発売するに至ったのでしょうか?発売元の株式会社オンリースタイルを調べてみますと、2001年にネット通販を専門として創業された会社であり、ジャンルを問わない商材をお売りになられていますので便乗型であることは言わずもがなのことといえます。





コーヒーエネマ HABIT

関連記事

大腸に関する世界的権威の新谷先生

日本における腸内洗浄(コーヒーエネマ)の誕生秘話 パート③

カフェコロンやセレブカフェの発売

日本における腸内洗浄(コーヒーエネマ)の誕生秘話 パート④

コーヒーエネマが日本で商品化

日本における腸内洗浄(コーヒーエネマ)の誕生秘話 パート②

ガンから私を救ったコーヒーエネマ

日本における腸内洗浄(コーヒーエネマ)の誕生秘話 パート①

コーヒーエネマ HABIT